アーユルヴェーダの世界観と歴史について

 

 

アーユルヴェーダは古代インドが発祥の地と言われています。古代インドのヴェーダの世界観では、宇宙というのは卵から生まれ、沢山の時間を経て再び卵に帰る。という思想があります。創造、維持、破壊、を繰り返して、再度新しく創造されると考えられています。ここでの宇宙というのは、自然界や世界のことで、自然界は生成と変化、消滅を繰り返しているとされています。そして、その仲でもヴェーダの世界観では、常に移り変わるものの中にも、変わらない不変の存在があると考えられています。それは、純粋な意識として考えられています。

 

自然界を生み出したエネルギーは根本原質といって、プラクリティといいます。この2つの存在が、世界の創造の始まりであるという考え方をしています。そして、それらを踏まえて、人間の心身において、肉体的な健康、精神的な安定に働きかけるものとしてオイルなどを使用してマッサージを施す施術が始まるようになりました。心身に働きかけるエネルギーは3つの属性に分けられており、これらのエネルギーが、五感を感じる感覚器官と、発生や操作、移動、、生殖、排泄の広域官を生み出したとされています。健康状態や感情の起伏、肉体的な健康を維持するためと考えられています。

 

gf0240073299l