定義について

gf0240073299l

 

インド古典医学では、自然で身近にあるというのが特徴です。
物理学や数学は理論やルールがあって難しいですが、インド古典医学は自然だけど科学的で実践的です。
最も権威ある医学書の一つである「チャラカ・サンヒター」でも次のように定義をしています。

有益な生活法と有害な生活法に、幸福な生活法と不幸な生活法、このような生活に対し有益なものと有害なもの、そして寿命です。

「チャラカ・サンヒター」では、完全な生活法を教えてくれている医学書です。
有益な生活法と有害な生活法とは何かなど、また自然で身近な行動や食事、生活スタイルはどのようなもので、それが有益かどうかなども説いています。

基本的な知識が詰まった医学書で、これをどう活用していくかで健康な生活を送れるかが変わってきます。
もし、今不幸だとしたら、そのような生活スタイルや食事、ふるまいなどを知らない間に選んでいるのかもしれません。
インド古典医学では、正しい選択、真にバランスのとれた状態を得て生きる方法を得るための科学を教えています。
身体や心、そして魂、そして自然全ての関係を築く方法が説かれています。

現代社会は、調和が崩れていて本来あるべき姿が崩壊しています。
これを、本来のあるべき姿に戻せるように、導いてくれる教えです。